地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」

下京区東山区のおすすめランチ

昭和レトロな商店街の中のおばんざい屋さん 『京ごはん にしむら』【地下鉄東山】

栄養バランスを考えた野菜中心のおばんざい ヘルシーでおいしいお昼ごはん

商店街の中ほど、ちょうちんの看板が目印
商店街の中ほど、ちょうちんの看板が目印
(上)カウンターの奥にはテーブル席(4席)もあります<br>(下)女将さん手作りのティッシュケース。お土産にいかが?<br>
(上)カウンターの奥にはテーブル席(4席)もあります
(下)女将さん手作りのティッシュケース。お土産にいかが?
昭和のレトロな雰囲気を今なお残す商店街は、京都には多数現存しますが、東山三条の古川町商店街もその一つ。昔懐かしいアーケードがある商店街を三条通から南に下がると、商店街の中ほどに『京ごはん にしむら』の看板が見えてきます。2016年1月にオープンしたばかり、まだ新しい店内は、間口が狭く奥が長い、いわゆる「うなぎの寝床」。カウンター6席とテーブル4席の小ぢんまりしたおばんざいのお店です。女将さん手作りの栄養価とカロリーバランスを考えたランチは、独り者のみならず、近隣のビジネスパーソンにも評判だとか。

いろんな種類の京都のおばんざいが楽しめます

日替わりランチ(800円)のメインメニューは全部で3種類。お魚、お肉、その他と選択肢を満遍なく考えてあるので、食べ物の好き嫌いがあっても安心です。この日のメインメニューは、黒イソのたいたん(めばる)、とりの香草パン粉焼き、ハンバーグの3種類。ちなみに、「たいたん」とは、関西弁で「煮物」の意味。魚好きのワタクシは、迷わず黒イソを選択しました。
ランチメニューには、メイン料理のほかに、サイドメニューで野菜中心のおばんざいが3種類とご飯、味噌汁がつきます。この日も、具だくさんひじきの煮物、酢の物、菜っ葉としめじ・鶏肉の煮物と、なかなか独り者の食卓に並ぶにはハードルが高そうなラインナップ。ありがたく完食しました。
有名な観光スポットも多い地区ですが、商店街の中という立地のため観光客はなかなか訪れないのではと思いましたが、近頃は外国人観光客も多く来られるそうです。そういえば、英語の看板も表に出ていました。おばんざいということで、食材が日本食独特のものが多く、英語での説明には、女将さん、苦労しているそうです。

店名 京ごはん にしむら
住所 京都市東山区古川町545
電話番号 075-533-1595
営業時間 ランチ:11:30~14:00 / ディナー:17:30~21:00
定休日 日曜日、祝日