地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」

祇園料理 鳥居本

京料理/祇園料理/料亭

祇園料理の伝統を継ぐ 享保から続く老舗料亭

075-525-2810075-525-2810地図を見る
ケータイ・スマホで見る
「祇園料理 鳥居本」祇園料理の伝統を継ぐ 享保から続く老舗料亭
鳥居本は今から約250年程前、都人の守護神であります祇園さん(八坂神社)の大鳥居前下河原に初代田畑與兵衛によって創業されました。

四代目與兵衛の時、歌舞練場の地続きであります現在地に移り、今日に至ります。
この地一帯は織田信長の実弟で戦国の武将であり、また千利休の七哲の一人として名高い「織田有楽斉」の居宅跡でございます。

格子戸を抜けて石畳を奥へと進むと、当時の面影を偲ばせる庭園が広がります。
喧騒から離れたお座敷から、静かに日本庭園を眺めながら祇園料理をお召し上がりくださいませ。

またカウンターもございますので、板前料理をお楽しみ頂く事も出来ます。
「祇園料理 鳥居本」
「祇園料理 鳥居本」
当亭に代々伝わります自慢の「祇園料理」は、卓袱料理を初代田畑與兵衛が京風に創案したものから始まります。
以来京の人々の厳しい嗜好に洗礼され、代を重ねて今日の祇園料理となりました。

現在も創業以来の献立通りの呼び名を守り、そして大皿の料理を京風に各自がお膳立てをして召し上がって頂く趣向でございます。

こうした伝統を守りつつも、八代目田畑善規が力を入れる、伝統の料理作法に現代の感覚を盛る当亭の懐石も自慢の一つでございます。
卓袱料理に倣い、乾杯の前にお吸い物が出ます「祇園料理 鳥居本」
卓袱料理に倣い、乾杯の前にお吸い物が出ます
川鱒の粕漬けと前菜です「祇園料理 鳥居本」
川鱒の粕漬けと前菜です
この由緒ある当地で、祇園情緒にひたりながら京料理の深い味わいをお確かめください。
お帰りの際には「甘梅」や「笹うらく」、「おじゃこ」などお持ち帰り頂ける品もございますので、おみやげにどうぞご賞味くださいませ。
<メニュー>
昼  点心有楽 7000円
   ミニ懐石 8000円~

夜  18000円~
   ※お電話頂けましたら、ご予算に応じさせて頂きます。

(いずれも税・サービス料別)
    名称祇園料理 鳥居本
    フリガナギオンリョウリ トリイモト
    住所605-0074 京都市東山区祇園町南側570-8
    アクセス京阪京都線祗園四条駅より徒歩10分
    阪急京都線河原町駅より徒歩15分
    電話番号075-525-2810
    ご予約はなるべく前日までにお願い致します。
    ファックス番号075-541-0066
    営業時間12:00~14:00(ラストオーダー/13:30) 昼
    17:00~20:00(最終入店) 夜
    定休日月曜
    第2・最終日曜は夜のみ休
    ※定休日の振り替え有(相談に応じます)
    クレジットカードVISA/Master/JCB/American Express/Diners Club
    駐車場なし
    ジャンル
    最新の記事(全3件)一覧へ
    近くのお店・施設
    近くで開催中または開催予定のイベント
    お店・施設を探す