地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」

2019年10月1日の消費税増税に伴い、表記価格が実際の価格と異なる場合がございます。

”島原”ぶらり散歩・・・島原大門(しまばらおおもん)

 まいぷれ下京・東山編集部のニュース

「”島原”ぶらり散歩・・・島原大門(しまばらおおもん)」
島原大門と天水桶(てんすいおけ)※1

まいぷれ下京・東山の編集部の近所には多くの名所旧跡があり、「島原ぶらり散歩」と題しまして、巡ってみたいと思います。

第一回目は京都市の登録有形文化財である「島原大門」を訪ねました。

島原商店街を西に進むと存在感たっぷりの「島原大門」。
高麗門の両端には風格を感じさせる「提灯」。
その横には門と同じく柳と天水桶が、少なからずの存在感を醸し出しています。
この空間だけは時が止まったような不思議な感覚を覚えました。

門から中に足を踏み入れる私に待つのは一体?
時を遡る感覚を覚えながら、石畳を一歩また一歩先へと進む編集者でした。

石碑にはこう記されています。
“島原は江戸時代以来、公許の花街として発展してきた。寛永十八年(一六四一)、官命によって島原の前身である六条三筋町から現在の朱雀野の地に移された。その移転騒動が、九州で起きた島原の乱を思わせたところから、一般に「島原」と呼ばれてきたが、正式地名は「西新屋敷」という。
この島原は、単に遊宴を事とするにとどまらず、和歌、俳諧等の文芸も盛んで、ことに江戸中期には「島原俳壇」が形成されるほどの活況を呈した。
現在は、揚屋(今の料亭にあたる店)の「角屋」、置屋(太夫や芸妓を派遣する店)の「輪違屋」、島原入口の「大門」、これらの三箇所がわずか往時の名残をとどめるものとなっている”

※1 天水桶(てんすいおけ)・・・日本の伝統的な雨水タンク。雨水を貯めるための容器で、江戸時代には主に都市部の防火用水として利用されたようです。

資料提供・・・島原伝統保存会・公益財団法人 角屋保存会
もっといろいろ[地域情報発信サイト運営]

まいぷれ下京・東山編集部

最新のニュース一覧へ
口コミ(1件)一覧へ