地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」

砥石の話 大村砥石と天草砥石

 常真のニュース

砥石の話 大村砥石と天草砥石
~切るために料理がしたくなる~包丁研ぎ教室
毎回多数のご参加ありがとうございます。

包丁がメンテナンス出来るようになって、
お料理がますます楽しくなった。なんて方が増えてくれたらうれしいです!

そして、今回はメンテナンスに欠かせない砥石の話。
写真の”大村砥石”と”天草砥石”。どちらも山から採掘された天然石です。

灰色でザラザラした手触りの”大村砥石”、主に荒砥ぎに用います。
写真の砥石は、戦前に採られたもので、当時のノミの跡が残っています。

茶褐色でマーブル模様の”天草砥石”、主に中砥ぎに用います。
木目のような美しい模様は、建材や看板、表札にも好まれます。

長い年月をかけて、砂が堆積して出来た天然石は、一つとして同じものはありません。
同じ石でも砥ぎすすめるうちに地層が変わって、摩擦抵抗、刃の当たりが変化します。

今では均一な粒子を人工的に固めた人造砥石が一般的に用いられるようになりました。

コントロールしやすい人造砥石に対して、天然砥石のアナログさには面白みがあります。
荒い粒子が摩擦で砕けて、調度良い感触を得るタイミングがあります。

この地層の砥ぎ具合で残しておこう。
馴染むまで寝かしておこう。
柄が気に入ったから取っておこう。
そんなことを繰り返しているうちに、コレクションはどんどん増えるばかり。

お店の入り口に、ほんの一部を並べています。
ご興味のある方は、ぜひお手にとってスリスリしてみてください!

///////////////////////////
ご家庭用から業務用まで、包丁・ハサミのメンテナンスは
三条通、地下鉄東山駅すぐ、古川町商店街の刃物研ぎ専門店
常真 090-3997-3784 にご相談ください!
///////////////////////////

カテゴリ

もっといろいろ[刃物研ぎ専門店]

常真

最新のニュース一覧へ

人気のキーワード