地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」

9月の誕生石と言えば・・・

 野村質店のニュース

9月の誕生石と言えば・・・
サファイアです。

あれ?写真はピンク色に見えるけど、と思ったあなた。

そうです写真は、ピンクサファイアなんです。

サファイアと言えば青色のイメージですよね。

でも、実は何色も存在します。

それらは総称して「ファンシーカラーサファイア」と呼ばれています。

サファイアは宝石の名前で、鉱物種でいう「コランダム」と呼ばれる鉱物です。

微量に含まれる含有物によって色の違いが出てくるわけです。ですので、もちろん青以外が存在しても不思議ではないですね。

カラーサファイアは、他にどんなものがあるのかというと、グリーン、バイオレット、イエロー、ゴールド、ホワイトなど

人気もその時々や国によっても色々ですね。

本当はレッド、つまり赤もあるんですが、赤は名称が変わって「ルビー」と呼ばれています。

同じ種類の石だったんです。ご存知でしたか?

それで産地なんかも同じことがあったりするわけですね。

カラーサファイアの中でも、キングオブサファイアと呼ばれるのが「パパラチアサファイア」です。

色を言葉で表現するのはとても難しいですが、オレンジとピンクの間色です。

カラーサファイアにおいて一番難しいのは色の判断です。

それオレンジですよねっていうものから、いやピンクでしょというものまで、なんでもかんでもパパラチアと呼ばれていたこともあります。

じゃあ、何が基準になるのという話ですが、はっきり言って鑑別機関です。ただ国内外たくさんの鑑別機関が存在しますので、一概に鑑別書があるから大丈夫ともいいきれませんが。

ちなみに、カラーサファイアにはベリリウム拡散処理のされた石も見られますので、購入の際はご注意ください。

別に処理がいけないわけではありませんが、資産価値という面で見ると、全然なくなってしまうこともありますので。

それと意外と気にせず、というか知らずに買われていることもありますが、ブローチなどマルチカラーやグラデーションにファンシーカラーサファイアが使われていることも多いです。

宝飾ブランドの品物にもよく使われています。ちなみに、もし使われていたとするとブランドのラインの中でもかなり高価格帯の商品だと思いますが。

というわけで、結構奥の深いカラーサファイアの世界の入り口でした。

私もいつか宝くじが当たれば、グラデーションで集めてみたいものですね(笑)

野村質店では、ダイヤモンドをはじめ色石など宝石査定をしっかり行います。ご相談だけでもお気軽にご来店ください。

信用百年、京都・東山五条の質屋『野村質店』では、「買取」「質預かり」「生前整理・遺品整理」などのサービスで、皆様のお越しをお待ちしております。
買取・リサイクルショップ[質屋(質預り・買受け・買求め)]

野村質店

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。

人気のキーワード