地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」

営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

カフェで民俗学 今回の物語『死霊解脱物語聞書』~羽生村怪奇事件簿~ 起

 ときじくのニュース

京都のカフェで、昔話を紐解きながら民俗学を学んでみませんか?

江戸期に書かれた物語を中心に読み進めることで、人々がどのような信仰を持ち何を楽しんでいたのかなどを知り、民俗学への扉を開きます。難しい知識は必要ありません!カジュアルにざっくばらんに楽しむ会です。

今回の物語は『死霊解脱物語聞書』~羽生村怪奇事件簿~ 起
■作者:残寿(ざんじゅ)
■出版年:元禄三年(1690年)
■版元:江戸山形屋喜兵衛
■あらすじ
徳川の世になり、七〇年程過ぎた寛文十二年の春、下総国羽生村で、菊という少女に父親の前妻であった累の死霊が取り憑き、村中を巻き込んだ大事件へと発展していく。

羽生村の怪事件は江戸に伝わると多くの人々の関心をひき、その後、歌舞伎(『色彩間刈豆(いろもようちょっとかりまめ)』作者:鶴屋南北)、小説(『新累解脱物語(しんかさねげだつものがたり)』作者:滝沢馬琴)、落語(『真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)』:三遊亭圓朝)などさまざまなジャンルでこの事件を題材にした作品が生み出された。

寺岡先生による解説で、無理なくゆっくり読み進めます。

【講師】寺岡茂樹博士(文学)大谷大学
    中世日本研究所女性仏教文化史
【場所】カフェギャラリーときじく
    京都市下京区天神前町334
   ・西洞院松原バス停下車徒歩1分
   ・地下鉄五条駅より徒歩7分
【日時】2020年9月19日(土)
    15:00~16:30
【参加費】500円+ワンドリンク

<お問い合わせ先>
カフェギャラリーときじく
mail tokijikukyoto@gmail.com
電話 075-748-1506

カレンダー掲載内容

タイトルカフェで民俗学 『死霊解脱物語聞書』~羽生村怪奇事件簿~ 起
日付2020年9月19日
時刻15時00分 ~ 16時30分
ラベルイベント
カフェ・喫茶店[喫茶・軽食/ギャラリー]

ときじく

ときじくイベントカレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ(4件)一覧へ