地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」

2019年10月1日の消費税増税に伴い、表記価格が実際の価格と異なる場合がございます。

京都発祥ご当地丼「衣笠丼」はいかがですか?

 ちから餅のニュース

衣笠丼と豆腐のお吸い物 600円(税込)「京都発祥ご当地丼「衣笠丼」はいかがですか?」

衣笠丼と豆腐のお吸い物 600円(税込)

朝夕の冷え込みも厳しくなってまいりましたが、おさわりなくお過ごしでしょうか。

今回は京都発祥ご当地丼である「衣笠丼」をご紹介します・・・とは言っても大阪などで食されている「きつね丼」などと同じでありますので、「京都固有の呼び名」ではありますが・・・。

ここで衣笠丼の名前の由来について。
その名の由来となる衣笠山(きぬがさやま)は、京都市北区と右京区との境にある山であり、 第59代宇多天皇が、「真夏に雪景色が見たい」と衣笠山に白絹をかけた故事から、別名「きぬかけ山」とも呼ばれています。雪景色の衣笠山に似ていることから、この名前がついたようですね。

「衣笠丼」とは甘辛く炊いた油揚げと青ネギを玉子でとじてご飯に乗せた丼をいいます。大阪でも一部衣笠丼はあるようですが、名前の由来から「京都発祥ご当地丼」といたしました。
所変われば品変わるですね!

丼のしっかりした味を豆腐のお吸い物が優しく包み込むような味わいとなっております。
ちから餅ならではの「衣笠丼」はいかがでしょう?

冬の足音が、もうすぐそこまでやってきているようなここ数日、風邪などお召しになりませんように。

うどん・そば(蕎麦)[うどん・そば・丼]

ちから餅

最新のニュース一覧へ
口コミ(1件)一覧へ