地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」

京都の夏入りを告げる鱧

 ぎおん 割烹なか川 本店のニュース

京都の夏入りを告げる鱧
“京都の夏”といえば、鱧。
鱧を食べないと京都人の夏は始まらない、なんていうのも大袈裟ではありません。
本当は冬の鱧も、身が締まり、また別の味わいがあるのですが、それはまたおいおいお伝えすることとして…。

「梅雨の雨に打たれて、皮がやわらかくなる」と言われる鱧。
毎年祇園祭りの巡幸の頃に京都は梅雨明けを迎えますが、ちょうどこの頃に脂が乗って、鱧は食べ頃を迎えます。
今夏は梅雨入りが遅れ、ちょっと事情が違うことになりそうですが…。
ともあれ、祇園祭が別名「鱧祭り」とも言われる理由がこれです。

『なか川』の鱧は“半身炙り”。
皮だけ炙って、身は生のまま、いただきます。

さて、鱧を美味しくいただくには「骨切り」の技術が必要です。
この奥深い「骨切り」については、次回なかなか聞けない裏話もご紹介したいと思います。
お楽しみに。
懐石料理[割烹(日本料理・懐石料理・コース料理)]

ぎおん 割烹なか川 本店

最新のニュース一覧へ