地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」

2019年10月1日の消費税増税に伴い、表記価格が実際の価格と異なる場合がございます。

鱧の子と浮袋の煮凝り

 ぎおん 割烹なか川 本店のニュース

「鱧の子と浮袋の煮凝り」
往く夏を惜しむ候になってきました。
夏の食材のひとつ、“鱧の子”。
スーパーや小売店に出回ることが少ないので、ご存知ない方が多いかもしれません。
夏が終わると鱧は産卵の季節に入り、そして身も徐々に痩せていきます。
産卵後の秋にはたくさん餌を食べ、また激太りして、脂の乗った美味しい鱧との出会いが待っています。

さて、この“鱧の子”を使ったお料理。
なか川では「鱧の子と浮袋の煮凝り」としてお出ししています。
鱧は捨てるところがない、優秀な食材。顔でさえ出汁をとるのに使います。
この煮凝りのユニークなところは、浮き袋を寒天やゼラチンのように使って、固めているところでしょう。
浮き袋でさえ、このように食材として活用でき、お客さまの目と舌を楽しませてくれます。
子ならではのホロホロとほどける口当たり、絶妙の薄味、針しょうがのシャキシャキした食感と相まって、一度食すと忘れられないと、ファンも多い一品です。
見た目にも涼やかなこのお料理、晩夏の味わいとして、ぜひ一度ご体験ください。
懐石料理[割烹(日本料理・懐石料理・コース料理)]

ぎおん 割烹なか川 本店

最新のニュース一覧へ