地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

京都市下京区・東山区の地域情報サイト「まいぷれ」

2019年10月1日の消費税増税に伴い、表記価格が実際の価格と異なる場合がございます。

スタジオ・コラボの先生紹介その10  『コンディショニングバレエ』の香田裕佳先生

 スタジオ・コラボのニュース

スタジオ・コラボの先生紹介その10  『コンディショニングバレエ』の香田裕佳先生
さまざまな教室があるスタジオ・コラボ。そのなかから一部をご紹介していきます。

「コンディショニングバレエ」、聞いたことはあるでしょうか?
私たちはふだんの生活のなかでも、「コンディションを整える」、といった使い方をしていますが、まさにそのコンディション。
一人ひとりの骨格や筋肉に合わせて、からだの使い方を見直し、ふだんのバレエやダンスのレッスン、また生活そのものに活かすことができるクラスです。

香田先生ご自身、こどものころからバレエを習っていて、大学に進学してからはモダンダンスを学ばれたのだそう。
大学卒業後教職に就いたものの、ダンスをさらに追求するために退職し、クラシック・モダン・コンテンポラリーダンスなどを学ばれました。
そんな先生に転機が訪れたのは、アレクサンダー・テクニーク(以下、AT)との出会い。
ATは、オーストラリアの俳優だったフレデリック・マサイアス・アレクサンダー氏が開発した、からだの使い方のメソッド。
長い習慣のなかで培われてきた、自分のからだの使い方のクセに気づき、不要な緊張から解放されることで、痛みがなくなったり、からだがラクに動かせるようになる、というものです。
このATを知ったのは、「まさに目から鱗だった」と、香田先生。
長くバレエを習ってきたけれど、どんなにストレッチを入念にやってもケガをしてしまったり、思ったようなパフォーマンスができないことに疑問を感じていた香田先生は、筋力に頼っていた、いままでのバレエのやり方ではなく、骨格・関節への深い理解こそが必要だと痛感したのだそうです。

そこで一から学び直し、至ったのが「コンディショニングバレエ」。
ATの考え方を基礎に置きながら、クラシック・バレエを融合し、「骨ストレッチ」と「ひもトレ」という取り組みやすい方法をミックスした、からだをコンディショニングする方法です。

長い歴史をもつダンスクラシック(バレエの基礎テクニック)は、「とてもよく考えられている」と香田先生。
ケガをせずに長く続けるにはどうしたらいいのか? 自分のペースで無理なく続けながら、パフォーマンスを上げていくにはどうすればいいのか?
それに答えをくれるのが「コンディショニングバレエ」だというわけです。
可動域を拡げるのも、高く跳躍するのも、速く多く回るのも、「無理をせず」に可能になる、そのために関節をほどく「骨ストレッチ」、ATをさらに取り組みやすくする「ひもトレ」を取り入れているのです。

このクラスを受講されるのは、「何かを探している」ひとたち。
いま取り組んでいるダンスの世界で何かひっかかりがあってステップアップしたいひと、限界を感じているひと…そういった方々がこのクラスを探し当ててこられるそうです。
「ひもトレ」は不思議な運動法で、リハビリの分野でも注目されていますが、ひもを一本巻くだけで、いままでできなかった動作ができるようになったり、痛みがとれてしまうこともあります。
ひもがガイド役になり、いままで知らずに身についていた“クセというロック”を外していく、そんな役割を果たしてくれるようです。

百聞は一見に如かず。
バレエの世界で行き詰まっている方も、日常生活の動作に不自由を感じている方も、どなたにもきっと、そのひとならではの「気づき」があることでしょう。
ぜひ一度、体験してみてください。

■開講日
月2回土曜日 14:30~16:00(90分)

レッスン料:
1回 3,000円
5回チケット 13,000円(4ヶ月間有効)
☆初回体験のみ1,500円

■お問い合わせ先
メールアドレス: contact*yukakohda-dance.com(*を@に変えてください)
香田裕佳ダンススタジオHP: http://www.yukakohda-dance.com/studioclass.html
音楽・ダンス・バレエ[ヨガ・フィットネス・ダンススタジオ]

スタジオ・コラボ

最新のニュース一覧へ